2009年12月21日

新装備で菅名岳に挑戦!

前回の国上山登山で冬や雨での装備の不備を感じたので、今回はスポーツデポで登山靴、レインウェア、大きめのザックを揃えての登山です。

選んだ山は初心者向けとしては比較的難易度の高い菅名岳です。

登った日は快晴で気温も涼しい位でした。
残念ながら(?)レインウェアの出番はありませんでしたたらーっ(汗)


一緒に登った友人はスノーボードはかなりやってるらしいですが、登山は初らしいです。


登山口前の駐車場

suganadake_1.jpg


右の橋を渡ると菅名岳登山道です。
この写真の左に行っても鳴沢峰経由で菅名岳の山頂に行けるみたいです。

suganadake_3.jpg


序盤はかなり急な階段が20分程続きます。

suganadake_5.jpg

この急な登りで友人がいきなりバテてしまいました。。

少し登っては友人を待つというのを続けていたら体が冷えてきたので、ある程度登って友人の位置まで下りてというのを繰り返していました。

ペースが違う人と登るというのは大変なんですね(^_^;)
初心者の私が上級者に人と一緒に登ると、相手も大変なのかなと思いました。


急な登り坂、後ろを振り返ると景色は良い感じです。

suganadake_6.jpg


草むらがガサガサいってたので良く見てみると猿を発見しましたぴかぴか(新しい)

suganadake_7.jpg


急な階段を登りきるのに30分位かかりました。

suganadake_8.jpg


ゆるやかな尾根を歩くとまたまたサル発見!

suganadake_9.jpg

suganadake_10.jpg

suganadake_11.jpg


写真に撮れたのだけで4匹、トータル10匹は見ましたねグッド(上向き矢印)



緩やかな尾根が続きます。

suganadake_12.jpg


尾根は枯れ木などが多く冬の山という雰囲気でしたが、ある程度登ると一面緑になりびっくりです。

suganadake_13.jpg

suganadake_14.jpg

suganadake_15.jpg

suganadake_16.jpg

suganadake_17.jpg


登山中の人達の話を聞くと「イワウチワ」と「イワカガミ」という2種類の植物が生えてるみたいですね。



しばらく登ると後ろから熊よけの鈴の音を鳴らしたおじさんが登ってきました。

熟練者っぽくペースが違うと感じたので先を譲ろうとしたところ
「一緒に登ろうか」
と言ってきました。

そこからその方をリーダーに3人パーティーが結成され色んな新潟県内の山の話を聞きながら登る事となりましたダッシュ(走り出すさま)

ちなみにその人が持ってたザックは偶然にも今回私が買ったものの1つ大きいタイプでした。

suganadake_19.jpg


尾根からの景色

suganadake_20.jpg


最後の登り坂
雪が少し積もっています。

suganadake_21.jpg


山頂に到着!

suganadake_22.jpg

suganadake_23.jpg


山頂からの景色

suganadake_24.jpg


うっすらと遠くに磐梯山が見えるらしいです。
(右側の少し尖った山だとか)


山頂でリーダーと3人で1時間位話していました。

リーダーは違う登山口から登ったらしく、
「下山は別なルートで下りて車で送ってやるよ!」
とか言ってたのですが、下山時にはすっかり忘れたらしく
「おれはこっちから下りるから下りは滑らない様に気をつけろよ!」
と言って1人別なルートでサーっと下りていってしまいました。。


私はベテランの登山仲間がいなく、これからも一緒に登れたらいいなと思ってたのでとても残念でした(-_-;)


山の出会いというのはそういうものなのかもしれませんね(^_^;)


ちなみに下山時はまた別なおじさんが
「駐車場は違うけど途中まで一緒に下山しようか」
と言ってきてくれたので、その方の話を聞きながら下山する事となりました。

その方もとてもいい人だったので連絡先とか聞こうかと思いましたが、登りのおじさんの例もあるのでやめておきましたたらーっ(汗)


色々ありましたが、とても楽しい登山でしたぴかぴか(新しい)


下山後は馬下保養センターで温泉に入り、麺や力でラーメンを食べて帰りました。



菅名岳についてはこちら
posted by 登山初心者 at 23:42| Comment(0) | 菅名岳