2014年05月11日

荒川剣龍峡(剣龍峡登山口)

新発田市、月岡温泉近くにある「荒川剣龍峡」に登ってきました。

駐車場は登山口のすぐ近くにあります。

arakawakenryukyo_1.jpg


駐車場の少し手前が登山口です。

arakawakenryukyo_2.jpg


序盤は急な登りが続いており、2、3箇所にロープが用意されていました。

arakawakenryukyo_3.jpg


この季節は、新緑に囲まれ、気分良く登山する事が出来ます。

arakawakenryukyo_4.jpg

arakawakenryukyo_5.jpg


左側の景色

arakawakenryukyo_6.jpg


遠くの白い山々は飯豊連峰です。
手前の緑の木々が生い茂った山はこれから山頂を超えた後に歩く事になるコースです。
この写真を見ても、アップダウンを繰り返す事が想像出来るかと思います。


まずは、正面の焼山山頂を目指します。

arakawakenryukyo_7.jpg


途中振り返ると遠くに平野が見えます。

arakawakenryukyo_8.jpg


中央よりのやや右下辺りには登山口へと続くと思われる道路が見えます。


焼山山頂

arakawakenryukyo_9.jpg


ここから、写真正面に見えるコマタ山頂を目指し、一旦下りに入ります。


下り道

arakawakenryukyo_10.jpg


堀切水場

arakawakenryukyo_11.jpg


水場からはハシゴで上ります

arakawakenryukyo_12.jpg


ここから山頂までは、少し急な登りです。

arakawakenryukyo_13.jpg


山頂に到着

arakawakenryukyo_14.jpg


標高は634mで、東京スカイツリーと同じ高さです。
弥彦山も同じ)


山頂からの景色

arakawakenryukyo_15.jpg


案内図には山頂は分岐点となっていると書いてありましたが、金鉢山を通り五頭山へ行くルートはヤブの為行けないという看板がありました。

arakawakenryukyo_16.jpg



ここからは、下りと上りを繰り返します。

まずは、写真左に写る岩肌がむき出しになった辺りを目指します。

arakawakenryukyo_17.jpg


遠くにはダムが見えました。
(望遠で撮影しました)

arakawakenryukyo_18.jpg


場所的に加治川治水ダムあたりでしょうか?



岩肌が見える所まで歩きました。
滑りやすいので要注意です。

arakawakenryukyo_19.jpg


左を見ると緑の景色が広がります。

arakawakenryukyo_20.jpg


穴マクリ展望

arakawakenryukyo_21.jpg


二王子岳、飯豊連峰などが見え、雄大な景色が広がります。

arakawakenryukyo_22.jpg


終盤は下りがメインです。

arakawakenryukyo_23.jpg


花の木平登山口に到着です。

arakawakenryukyo_24.jpg


ここで終わりではなく、スタートの剣龍峡登山口までは、舗装路などを40分程下る事となります。


道路

arakawakenryukyo_25.jpg


林道からの景色

arakawakenryukyo_26.jpg


案内図の「現在地」から「剣龍峡」までを歩きます。

arakawakenryukyo_27.jpg


正面に見える山が先ほど登ったコマタ山頂です。

arakawakenryukyo_28.jpg


写真の右側から山頂を通り、左へと下りここまでグルっとまわり下りてきました。


道路は蛇行しているので、写真左の看板の部分からショートカットできます。

arakawakenryukyo_29.jpg


ショートカット路

arakawakenryukyo_30.jpg


最初のショートカット路を抜けると、目の前に二つ目のショートカット入り口が現れます。

arakawakenryukyo_31.jpg


こちらの道は最初のショートカットと違い整備されていなく、足場が悪い箇所もあったので、万全を期したいという方は舗装路を歩くと良いかと思います。
(ここまで4〜5時間歩いてこれた人なら多分問題無いはずだと思いますが)

arakawakenryukyo_32.jpg



二つ目のショートカットを抜け、再び舗装路を下ります。

arakawakenryukyo_33.jpg


少し行くと、スタート地点の駐車場に到着します。

arakawakenryukyo_34.jpg


登山道は道は歩きやすく、比較的初心者向けの山だとは思いましたが、いくつもの山を縦走し、アップダウンを繰り返すので、同じ標高の弥彦山と比べるハードな道のりだと思います。

結構疲れましたが、全体的にメリハリがあり良い山だと思いました。

また、登山道に木が多く登り下りの大半を緑の中を歩く事が出来るので、とても気持ちが良かったです。


荒川剣龍峡(剣龍峡登山口)の詳細
posted by 登山初心者 at 23:13| Comment(4) | 荒川剣龍峡
この記事へのコメント
はじめまして。
本日初めて一人で剣龍狭に行って来たのですが、このブログが本当に役に立ちました。プリントアウトして地図と一緒に持って行き、道標と照らし合わせながら歩いて、無事5時間で一周することができました。
一年前の記事の様ではありますが、お礼を申し上げたくて書き込みました。
ありがとうございました。
Posted by ねっこ at 2015年05月25日 18:26
>ねっこさん

コメントありがとうございます。

私の場合は最後の道路をショートカットする部分が自信持てませんでした。

お役に立てて嬉しいです。
Posted by bbshin at 2015年05月25日 23:13
はじめまして。
先日、番屋山登って来ました。初冬のこの時期、登り下りでお会いした人は5組10人位で、ちょっと淋しい感じでした。登り口で猟銃を背にした4人のオジサン達と一緒になりました。しばらく登った所にある「池」にたむろする「鴨」が狙いだそうです。ICからの道順から山の詳細まで丁寧なブログのおかげで、それなりに楽しめた1日でした。ありがとうございました。
Posted by 栄papa at 2015年11月24日 14:58
>栄papaさん

コメントありがとうございます。

確かに、下越の初心者向けの山では、角田、弥彦、五頭などと比べマイナーで登山客も少ないかもしれませんね。
ただ、登ってみるとなかなか良かったという記憶が残っています。
Posted by bbshin at 2015年11月24日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。