2014年11月18日

高倉山 (南魚沼市)

南魚沼市にある「高倉山」へと登ってきました。

登山口へは、六日町インターより養徳寺というお寺にナビを合わせ、寺を超えてすぐの左側にあるゲートをくぐって登っています。

takakurayama_1.jpg


車で登っていくと、正面に小さなダムが現れます。

takakurayama_2.jpg


以前土石流があったらしく、対策としてこの砂防ダムを作る為の工事の途中の様ですね。



車はここに停めました。

takakurayama_3.jpg


登山口

takakurayama_4.jpg


横から見た砂防堰堤

takakurayama_5.jpg

takakurayama_6.jpg


周辺の木々の紅葉が進んでいます。

takakurayama_38.jpg


一旦左側に下ります。

takakurayama_7.jpg


砂防堰堤の内側

takakurayama_8.jpg


ダムの裏側を登っていきます

takakurayama_9.jpg


恐らく、土石流の跡でしょう。
どこが登山道かも分からない状態となっています。

takakurayama_10.jpg


しばらく岩場を登ると左側に「高倉山登山道入り口」と書かれた標識がありました。

takakurayama_11.jpg

どこが登山道が分からなかったので、岩場を進んで良いものか悩み、行ったりきたりしながら20分程ロスしてしまいました。。


細く急な坂道を登ります。

takakurayama_12.jpg


ずっと直線が続きます。
傾斜が緩くなるポイントもなく、延々ときつめの傾斜の登り道が続きます。

四合目

takakurayama_13.jpg


更に直線の登りが続きます。


木が2本連なって生えており、「ゾウノキバ」という文字が刻まれています。

takakurayama_14.jpg

確かに象の牙の様な形をしていますね。



7号目

takakurayama_15.jpg


ここまでずっと直線のきつい登りが続いていましたが、ここを越えると右に曲がります。


平坦な部分はここが初めてではないでしょうか?

takakurayama_16.jpg


しばらく緩い登りを進むと左に曲がっていき、正面には山頂近辺が見えてきます。


takakurayama_17.jpg

山頂まで後少しなので頑張って登ります。

途中、振り返ると三国川ダムなどが見えます。

takakurayama_18.jpg


ここは足場が悪く、右側が崖になっています。

takakurayama_19.jpg

ロープを頼りに渡りますが、一ヶ所足元の岩が崩れかけてグラグラしている場所がありました。
少し危険を感じたので、一気に行かずにゆっくりと足元を確かめながら進みました。


ここまで来れば山頂まではあと少しです。
写真右側が山頂です。

takakurayama_20.jpg


山頂へ到着

takakurayama_21.jpg


広さは4畳半位でしょうか。

360度のパノラマの景色を楽しむ事が出来ますぴかぴか(新しい)

takakurayama_22.jpg

takakurayama_23.jpg

takakurayama_24.jpg


山頂で持参したナイフとクッカーセット、バーナーを使い野菜炒めを作りました。
(出来上がりの撮影は忘れました)

takakurayama_27.jpg


下山は登りと同じ道を帰りますが、山頂付近はかなり急斜面で、ロープなどがあるので足元には要注意です。

takakurayama_35.jpg


紅葉の季節という事で登山道は落ち葉だらけとなっています。

takakurayama_36.jpg

登りではそれ程気になりませんでしたが、下りは足元が滑りやすくなります。
途中雨が降ってきたので、更に滑りやすくなり、何度か足を取られてしまいました。


登山道が直線という事もあり、7合目を過ぎたあたりから、遠くに登山口近くのダムが見えてきます。

takakurayama_37.jpg


登山道へ到着

takakurayama_39.jpg


3/4位が直線の急な坂道だったりと、若干歩いていて飽きがくるコースではありますが、終盤は起伏に富んでおり、山頂からの景色は素晴らしく、トータルで良い山だなと思いました。
夏前などの緑が生い茂る中に登っても気持ち良さそうですね。


高倉山の詳細
posted by 登山初心者 at 20:40| Comment(0) | 高倉山

2014年11月16日

OPINELの折りたたみ式ナイフを購入しました

登山用品店で「OPINEL」社の「ステンレススチールナイフ」を購入しました。

opinel_knife.jpg

早速、先日の登山の際、山頂での調理に使用しました。

山頂での料理といた様な楽しみがあると、これから登山がもっともっと楽しくなっていきそうでするんるん


OPINEL ステンレススチールナイフの詳細
posted by 登山初心者 at 22:01| Comment(0) | 登山グッズ